意外と知らない相続手続きの流れ

相続手続の流れとポイント、不動産登記の必要性についてご紹介します

相続制度は複雑なため、それに対応する相続手続も複雑な様相を呈しています。

相続の処理は、相続原因の確認から始まりますが、これは当然にして被相続人の死亡の事実を、謄本によって確認することです。次に相続財産の確定です。完全でなくても構わないので、財産目録の作成が必要となります。
“意外と知らない相続手続きの流れ” の詳細は »

生命保険金は相続財産か

生命保険金が相続財産なのか、そうでないなら特別受益とみなされないのか

生命保険をかけられている方は沢山いらっしゃいます。この生命保険は相続財産となるのでしょうか。

被相続人の死亡により、生命保険を受け取るには、その受取人に指定されていなければなりません。
“生命保険金は相続財産か” の詳細は »

債務者が死亡した時の連帯保証人

住宅ローンの連帯保証人になっていた時にローン名義人が死亡してしまったその時は直ぐに自分が支払請求されるのでしょうか

連帯保証人になっていたために、その支払いを自分がしなくてはならなくなった。と時々金銭トラブルで耳にする言葉ですが、知人が住宅ローンにてマンションを購入することになり、その際の連帯保証人となっていたが、その知人が亡くなってしまった。といったようなケースでも同様に支払い義務が発生するのでしょうか。
“債務者が死亡した時の連帯保証人” の詳細は »

法律で定められている財産

相続財産は法律で定められていますが、法定相続分通りとは限りません

相続財産の分け方は法律で決まっていますが、必ずしも法律通りとは限りません。相続人同士、諸事情を鑑みて相続人全員が同意すれば法律で定められている相続分と違う割合で相続してもいいのです。中には、相続放棄される相続人もいることでしょう。

また、遺言書を被相続人が残していれば、その遺言に書かれている相続割合や指定に従って相続することになります。

しかし、
“法律で定められている財産” の詳細は »

遺留分の侵害に対する減殺請求

遺贈がされた時に自身の財産を確保するための遺留分の算出について

遺贈があった時、本来の相続人はその相続財産を得ることが出来るのでしょうか。

遺贈とは、遺言によって遺産を与える無償譲与のことを言います。贈与と違い、遺言によってのみなされる一方的行為になります。(死因贈与との違いは、この一方的な行為という点で、死因贈与の場合遺産を貰い受ける物(受贈者)と生前に贈与の合意がなくてはならないということです)


“遺留分の侵害に対する減殺請求” の詳細は »